いろいろ曼荼羅



2022年11月17日(木)



越路よう子と、バリアージのダンサーちえちゃん、そしてスピリチュアルキュレーターの大村慎吾さんによるトーク&ライブセッション✨

色のお題についてそれぞれのトークやパフォーマンスを繰り広げる大喜利式トークショー★スピリチュアルな不思議なお話満載の不思議な不思議な夜会です✨


お客様からランダムに好きな色やその時思い浮かんだ色を言っていただき、その色から想像する不思議体験のお話や、その色から連想するダンスをご披露する構成です😀


【会場】代官山晴れたら空に豆まいて

【出演】

大村真吾(スピリチュアルキュレーター)

則枝千絵(Baliasi)

越路よう子(越路姉妹)/ナビゲーター


【開場】18:30

【開演】19:00

【前売】3000円

【当日】3500円


■配信 11/17 19:00~

(アーカイブ12月1日まで視聴可能)

¥1,000


↓こちらより配信チケットのご購入をお願いいたします

 ¥1,000 ※12月1日まで2週間アーカイブ 何度でも視聴可能



※ご予約・お問い合わせ

晴れたら空に豆まいて

TEL 03-5456-8880


大村真吾 (スピリチュアルキュレーター/株式会社クラブワールド代表取締役)


1987年大学卒業後、旅行会社に就職。 1999年にセドナに行きベルロックに登ったときに「今の会社を辞めて新しいことを始めろ」という天からの声を聴く。 帰国後ただちに退職願を出して10か月後に今の会社の前身を始める。

それ以降「声」の存在を求めてスピリチュアルな世界に入り国内外の聖地やパワースポットを巡り、儀式や修行、様々なスピリチュアルな体験をする。

代表的な体験はネイティブアメリカンの儀式ヴィジョンクエスト(4日間絶飲食、ほぼ裸の状態で一人で山の上で過ごす), バリ島のシャーマンのもとで修業、フランスからスペインの巡礼の道(800キロ)を徒歩で2回踏破。 四国八十八ヶ所巡礼お遍路1200キロ踏破。 熊野古道紀伊路中辺路(大阪天満橋から熊野本宮)250キロ踏破。

それらの体験をもとにして、ツアーを企画したり、瞑想や自分と繋がるワークを開催。 2020年12月に東京新宿で松尾泰伸X大村真吾のピアノの旋律とイニシエーションによる「魂の巡礼」を初公演。 第2章を2021年8月に札幌にて公演 第3章を2021年11月「魂の巡礼 レムリアのキオク」東京公演 第4章 2022年2月「魂の巡礼 炎の刻印 甦れ不死鳥の如く」

著作:スピリチュアリスト・大村真吾が選ぶ 開運つながるパワースポット

Chie Norieda 舞踊団Baliasi創立者/舞踊家/振付家/演出家)


東洋と西洋の文化を取り入れながら独特な世界観を持つ舞踊、美と癒しの異空間を創り出す『バリアージ』創立者。アメリカ、ヨーロッパ、アジア他、2018年平昌冬季オリンピック公式プログラム出演と国内外で高い評価を得る。 2019年7月7日の熊野古道世界遺産登録15周年記念の奉納を「花の窟神社」「熊野本宮大社」にて舞う。自由な発想で紡ぎ出される神秘的でしなやかなパフォーマンスアートはあらゆる世界を結ぶ架け橋となる。

舞踊団Baliasi(バリアージ)

『美と癒しの異空間』をテーマに様々な踊りや文化をミックスし、一つのテーマが多彩に変化(バリエーション)するという意味を持つ唯一無二のジャンル。

場のエネルギーや色、香り、全てを感じ、在るがままを非言語で表現。 ベースはモダンダンスとバリ舞踊という西洋と東洋文化の融合であるが、バリアージダンスから放つその世界観は、『懐かしさ』と少しの不気味さを含んだ『美』、根底に広がる『愛』を感じる踊りである。 そうして観るものを『異空間』へといざない、そこに『癒し』を発見する。 独特な演出と振付けは様々なアーティストを魅了し、音楽、演劇、映像、絵画、植栽、香り、ヘアーメイク、ネイル、衣装…と多彩なコラボレーションを可能にし、ヨーロッパ、アジア、アメリカ他、平昌冬季オリンピック公式オープニングセレモニー招聘等、国内外でも注目を浴びる。 自由な発想で次々に紡ぎ出される神秘的でしなやかな動きは、益々の可能性と輝きを秘めたダンスアートとなっている。





閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示